脱サラ農家の嫁

夫が脱サラし家族で移住しました。

MENU

地方移住準備①ー移住する目的と前準備ー

こんにちは、移住嫁子です。

さて、今回から私たち家族が移住するまでのことを書いていきたいと思います。

地方移住に興味がある方になにか参考になれば幸いです。

第一回目のテーマは「移住する目的と前準備」です。

f:id:datusara-ijyuu-nouka-yome:20211029224141p:plain

1.移住する目的

私たち家族が移住した理由、それは夫が農業をしたかったからです。

夫は中小企業に勤めるサラリーマンで事務職をしていましたが、もともと体を動かすことが大好きな人なので、座りっぱなしの仕事がとても嫌だったそうです。

「あのままサラリーマンしてたら病気になってたかも~('ω')」と本人は話していました。

「農業をしたい」と夫から聞いたとき、妻としてはぶっちゃけ今の安定した職に就いててほしい気持ちもありました。でも人生一度きりだししっかり貯蓄して計画的に進めていけばまぁ死にはしないだろうと思い、脱サラ就農に向けて準備を始めました。

f:id:datusara-ijyuu-nouka-yome:20211027140232p:plain

農家になれば食べるものもありますし( *´艸`)

2.移住するための前準備

1.貯金

1~2年は収入がまともになくても生活できる金額は持っておきたかったので、まず目標金額を決め貯金をしました。お互い仕事を辞めたのは目標金額を達成してからです。

2.移住後の生計はどう立てるのか考える

貯金をある程度したとはいえ、夫は全くの農業未経験なのでいきなり独立するのはやめてほしいとお願いしました。まず農業法人等で就職なりバイトなりして経験を積み、適正を見極めてから独立するか決めて欲しいと。

当初は夫も「OK~( ^^) 」と了承していましたが、途中で気が変わり下記記事に書いた通り結局すぐ独立しやがりました。

datusara-nouka-yomeko.hatenablog.com

話が少しズレますが、家族がいて移住検討してる方に強くお願いしたいのはパートナーとよく話し合ってほしいです。移住は自分の人生だけでなく、家族の人生も大きく変えます。

夫は丁寧な説明もなく私の意見をスルーしていましたが、そんな態度を見て私は離婚の二文字が何度もよぎりました。この人と知らない土地でやっていけるのか、未来が見えなくなったからです。

ぜひ「移住離婚」で検索して参考にしてみてください。

憧れの田舎暮らしで家庭が崩壊…Iターン転職の理想と現実 | 日刊SPA!

「移住離婚」とは何か-移住における新たな現象 価値観の不一致・社会関係資本の違い- | KAYAKURA

憧れの移住生活を送るはずが離婚の危機に……「移住離婚」はなぜ起こるのか|ホテル・宿泊業界情報コラム|おもてなしHR

3.どんな土地に住みたいのか条件の洗い出し

ただ農業をするだけなら地元でもできたのですが、夫が「知らない土地で1からやってみたい」という希望があったので、どんな土地に住みたいかお互い条件を洗い出しました。この条件については次回の記事で詳しく書きますね。

4.情報収集

条件を洗い出した後、この条件に合う地域があるか情報収集しました。

ネットで「〇〇(気になる地方名) 移住」で検索すればだいたい出てきます。移住相談会をオンラインや都市部で開催していることもあるので、そういったイベントに参加するのもいいですね!

ただ、最初は日本全国広すぎてどこから見ればいいのかサッパリ分からなかったので、下記のようなランキング形式で紹介しているサイトもよく参考にしていました(^^)

www.mapple.net

5.実際に移住候補地に行ってみる

住みたい土地の条件に合いそうな地域をまず3か所ほどに絞り、実際に行ってきました。自治体が発信する内容ってほとんど良い面しか書いてないですし、ネットの情報だけではどうしても限界がありますよね。やっぱり直接確認するのが一番!

事前に空き家バンクで気になる物件をピックアップし、自治体に問い合わせて利用者登録をし、見学もしてきました。

o-uccino.com

www.akiya-athome.jp

地域によりますが、市役所の方が案内してくれたり移住支援をされているNPOスタッフの方が案内してくれました。案内人の方の熱量が地域によって全然違っていて面白い( ^^) 

私たちが今の地域に住んでいるのは、案内人の方々がすごく丁寧に日程を組んで案内して下さったことも決定打の1つです。「移住してもしも困ったことがあっても相談しやすそうだな」と感じたんですよね。

ただ、私たちは冬に1度だけ見学に行き、そこで夫が今の物件に一目ぼれしてしまい割と即決で決めてしまいましたが、可能であれば春夏秋冬すべての季節に足を運ぶことをお勧めします。ひとつの季節だけでは分からないことがたくさんあるからです。

例えば私たちの例でいうと、

  • 冬にはいなかった虫たちが夏には想像以上に大量発生して困った。
  • 梅雨が終わりカビが大量発生してすぐに入居できなかった。等…

たくさんのトラブルがあり、1度の見学で決めるべきではなかったと本当に後悔しました(´Д⊂ヽ

 

ざっと書きましたが以上が移住するまでの大まかな流れです。

次回からさらに詳しく書いていきますね!

 

ポチっと押して頂けると励みになります👇

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村